XP Translatorからのお知らせです。
XPチームのディレクターメンバーであるBitBenderさんを迎え入れ、1月19日に日本のDiscordにてQ&Aセッションを行いました。
事前にコミュニティメンバーより寄せられた物から、今回の「日本でのXPの可能性」というテーマに沿った質問を選出させて頂きました。



司会進行
@Yami#0666

ゲスト
Bitbender (XP Team Lead / Director / Marketing)

飛び入りゲスト
Dr.D (XP Team Lead / Moderator Lead)

コミュニティ内の質問まとめ
@時葉 凪音 XP犬0.32組#7510
@donald25#1051
@ママチャン#0470
@Yorita#8225

以下質問&回答と共に、楽しい会話の一部も載せていきます!



Yami(以下、Y):BitBenderさん、今日は日本のXPディスコードでのQ&A有難うございます!
BitBender(以下、B):今日ここに来れて嬉しいです。日本のコミュニティはXPにとって素晴らしい事を沢山してくれています。今日ここで日本のコミュニティメンバーと話す事が出来る事を光栄に思っています。
Y:BitBenderさんの事をよく知らないメンバーが沢山いますので、初めにXPでの役割を含めた簡単な自己紹介をお願いできますか? B:私はブロックチェーン理論家です。世界を前向きに変えていく為に、ブロックチェーンテクノロジーと仮想通貨の使い道を見つけ出す事が仕事です。
約8ヶ月前にXPチームに参加しました。その時から人々を結び付けられるように、XPをより幅広いコミュニティーで活用する方法を探しています。
皆さんが目にする沢山のアイデアは、クリエイティブディレクターとして私が考案した物が多いです。GeonodeやSalesnodeは私が提案した物で、それをチームのメンバーがより良い物へと作り上げてくれます。
Y:あの…私の通訳が遅くてすいませんっ(汗) 出来るだけ頑張ります!
B:いえいえ、通訳ありがとう。いつも素晴らしい活躍をしてくれる日本のコミュニティにXPが何を試みているのかを理解してもらう事は、私にとって本当に重要な事なんです。
Y:有難うございます!それでは早速質問に入りたいと思います。



Q1.ウォレットに日本語機能の追加は可能ですか?

A.日本語だけでなく、多種に渡る言語追加によって国際的に使いやすく出来るよう取り組んでいます。 今のデスクトップウォレットは、ウォレット技術開発においてまだ初期段階の物です。開発が進むにつれて言語オプションも導入していく予定です。


Q2. 現在日本の取引所への上場は検討されていますか?その場合必要となる金融庁の認可に対しての対策などはされてますか?

A.もちろん上場を目指してます。今は金融庁の必要条件に対し、具体的にどう対処するべきか調べている段階です。 近い将来に進展出来る事を期待しています。取引所への上場については私ではなく他のチームメンバーが対応していますが、この先も挑戦していく予定です。


※チャット内より質問
Q.コインボリュームについて、開発当初と現在で考え方は変わりましたか?

A.コインボリュームについては、私自身が懸念していた事でした。8ヶ月前にプロジェクトに参加した時は、コインボリュームが上がり続けている状態でした。しかし新しいウォレットの発表と共に、以前よりコインを均等に分配出来るようになりました。今はコインボリュームへの懸念はありません。 ハードキャップが無い事も問題視していません。コインボリュームは、今後Salesnode, Geonode, Supernodeなど、コインバーンが搭載された新しいテクノロジーの導入によってコントロールしていくことが可能になります。 絶対的ボリュームにおいて、マーケット内でのコインの価値を考えるにあたり、Dentaコインを参考にしてもらいたいです。Dentaコインの合計枚数はXPの何倍もあります、しかし個々の価格はもっと高く設定されています。 エコシステムの導入によって、使用量が増えコインボリュームによってではなく、使用量により価格が固定されていきます。

Y:BitBenderさんがゆっくり話してくれるのでとても分かりやすいです!
B:私は元英語教諭でタイに住んでいるので、ゆっくり英語を話すのに慣れてますよ。

Q3.日本で大企業と提携する計画などはありますか?その場合日本人は主流・ブランドが好きなので、大企業との提携に期待している。保守的よりも尖った企業との提携をお勧めしたい。具体的に提携したいと考える企業などはありますか?

A.もちろん日本のメジャーな企業と提携していきたいと思っています。将来的にエコシステムに参加したい人達は皆参加する事によって報酬が得られるシステムにしていく予定です。 大きいブランド会社(日本のではない)ともXPシステムの導入について話をしています。今詳しくはお話できませんが、力を入れている案件です。

B:あの、今凄い否定的な絵文字が集まってるコメントがあるけど、なんて書いてあるの?
Y:あ、どうやらDiscordに最近参加したばかりの人達がたくさん集まっていて、接続や音声のやり方がわからない人が多いみたいなんです、だから新人ばっかりでセットアップ説明の対応が大変だ~。みたいなコメントでうん〇絵文字が集まってます…(笑) このQ&Aについて悪い事言ってるとかじゃないので気にしないでください~!

Q4.インディー開発にもっと集中していく予定ですか?

A.この質問に対しては、開発者に何を与えられるか、そして開発者がXPに対して何を与えられるかを考える必要があります。はじめは小規模なインディー開発陣との計画が進めやすいと思います。長い目で見て、XPを使う開発者達を大手企業にXPが結び付けていく役割をできれば良いと考えています。

~ここでDr.Dが参加!みんなから沢山絵文字をもらってます~ B:凄い絵文字!私はあんな沢山絵文字もらった事ないなぁ…。羨ましい…。
Y:みんなBitBenderさんにも絵文字投げてくださいっ!!!ちょっと悲しそう!w
Dr.D.(以下、D):こんにちわ~。参加しにきたよ、みんな元気ー?
あ、僕の事は気にせず話を続けてください~。BitBenderは今日沢山話す事あると思うので!

Q5.XPを使った投票プラットフォームはどう思いますか?バイナンスのBNB投票に似た物で、違いはXP投票の場合は、票をもらった人・企画がXPを獲得できるという点です。投票に関連してですが、XPのプロジェクトにコミュニティーメンバーが投票するような、参加型のプロジェクト計画は可能ですか?

A.XPの可能性に限界はありません。投票用に使えるシステムの導入も、もちろん可能です。実はXPちゃんねるをちょっと覗いていまして、そこでTwitter Botを使ったチップが行われていました。まさにそれがXP導入の投票システムの基本と言える物だと思います。みんなの想像に合わせて可能性は広がっていきます。


※チャット内より質問
Q.開発の進行状況を教えてもらえますか?
Y:LINEベアーのアイコンの方からの質問です。
B:LINE使ってますよ!ブラウンベアー大好きですw

A.現状沢山のプロジェクトが進んでいます。それぞれの進行状況を詳しく説明する事は出来ませんが、ホワイトペーパーに記載してある事項数点に合わせ、ロードマップに記載されている計画を主に進めています。開発チームが毎日頑張って、ソフトウェアとハードウェア共に開発を進めています。

Y:ノードシステム導入の為のハードウェアの開発ですか?
B:ノードシステムの開発も進んでいます。XPの実用性を高めて仮想通貨に親しくない層にも普及させるためにはノードシステムが重要な役割をもっています。
Y:みんなハードウェアの事が気になるみたいです!
B:もちろんハードウェアは気になる計画だと思います!まだ公開してない情報ですが、ノードタイプによってハードウェアが導入される物もあります。

※チャット内より質問
Q.パブリックGitHub、もしくはプライベートGitHubはありますか?

A.パブリックGitHubがあります。今Dr.D.にリンクを貼ってもらいますね。

https://github.com/eXperiencePoints/XPCoin/
https://github.com/BitBenderMedia/XP-Graphics

Q6.教育分野でのXPの活用と聞いて私達にはまず奨学金が浮かびましたが、寄付という形でのPoS運用の方が使われやすいと思いますか?

A.私自身が教師だった事もあり、XPの素晴らしさは教育面での活用も出来るという所だと思います。例えば学校に居るだけでXPが貰える。大学のキャンパスに長く滞在する事でレインによってXPを貰えるシステムなどを考えています。学業の面でもXPで報酬をもらう事が出来ます。ここで大事なのは、XPを成績向上のためだけに使用しないという事です。XPをもらうためだけに学校へ行くというのは望ましい形ではありません。良い行動をすることに対し、報酬を与えるという事が大事です。


Q7.日本の法律ではギャンブルは違法なので、#XP-bot-gamesでは遊べません。Tipも違法でないか気になりますが、それについてXPは法律専門家のアドバイスなどを受けていますか? 又、今後XPがゲームを作成する予定なら、日本でも遊べる(合法な)ゲームにしてもらいたいです。

A.日本の人達には日本で違法とされていることをしないでもらうのが一番です。ギャンブル要素がないゲームへのXP導入、XPオリジナルゲーム共に開発中です。レベルアップゲームやコミュニティゲームも開発の視野に入れてます。ギャンブル要素のあるゲームばかり開発しているわけではないので安心してください。


Q8.日本ではあまり時間を取られないシンプルなゲームが好まれます。育成系のインディーゲームも人気がありますが、XPでそういったゲームを作る予定はありますか?コミュニティーメンバーに開発系の方がいますが、協力してアプリゲームを作る事も考えられますか?

A.先程まとめて答えてしまいましたが、色々なゲームを開発中です。

Y:皆さん アプリゲームの開発が気になるようなんですが、アプリの開発は進んでいますか?
B:アプリ/スマホゲームに力を入れて計画しています。コミュニティーメンバーとも一緒にゲーム開発をしていく予定です。今後Devnode(Developernode)がその要素になる予定です。
もう少し詳しく話すと、来月にはTwitch Botが完成予定です。Twitch上で色々なゲームと共にXPが使えるようになります。そして、ハースストーンのようなトーナメントシステムのゲームで使えるシステムも完成予定です。

Q9.コミケのような、ゲーム以外のイベントにも出展計画はありますか?コミケでGeo nodeを使い、コスプレイヤーへのTipなどが出来たら楽しそうと思います。

A.とても興味があります。絶対マーケティングとして参加したいですね。個人的には今年の終わりに日本で何かイベントをしたいと思っています。

Y:今チャットルームでですね、日本人はTwitch使わないよーという意見が出てるんですが、いや、使うよっていう意見もでてますwゲームの動画配信に使うと言ってますね。
D:イベントの話が出てたけど、東京のカフェでXPが使えるようになったって聞いて、もうこれは日本行くしかないって思ったよ!日本に行く前にXPアイテム色々用意してフル装備で行かなきゃって思ってるよw
B:日本行きは確実に計画してます。今年中に必ず日本に行ってみんなで集まりたいですね。

Q10.XPマーケットはXPの魅力の一つだと思いますが、日本で需要のあるWebmoneyを取扱う事を検討された事はありますか?

A.ちょうど昨日XPマーケットのディレクターと話して、色々なタイプの商品を追加していく話をしました。私はWebmoneyについて詳しくないですが、皆さんの期待に応えられるような計画はちゃんと進んでます。

Y:XPマーケット見ていると、現時点でもスチームカードの以外はほぼ全部日本のギフトカードですからね、これからも日本向けの商品が増えてくれると嬉しいです。
B:XPマーケットのディレクターと話した時に、日本の人達からの注文が入ると、とても嬉しいと言っていました。注文したら絶対に支払いをしてくれる。と。通常入った注文が放置になっている場合が沢山あるらしいのですが、日本の人達は絶対にそれをしない。必ず注文した後に決済してくれるから、本当に感謝していると言ってました。
Y:そうなんですか?そんなにキャンセルがあるのには驚きですね。
B:日本のコミュメンバーさん達はとても評判の良いお客さんという事です!もし他にも具体的に仕入れてほしい商品があったら教えてください、出来るだけ対応していくつもりです。

※チャット内より質問
Q.中期、長期によっての価格、価値の予想はありますか?

A.価格予想の話からは出来るだけ離れて考えてほしいです。もちろんトークンの価値を上がることを望んでますが、価値を急激に上げて、暴落するような事は望んでません。それはコインにとってとても悪影響になります。私達は持続性のあるコインを目指しています。コインが役立って行くことにより、所持者にとって価値のある物になって欲しいと思っています。

Y:実は価格予想のお話は前回のYoutubeインタビューの翻訳記事 に書いたんですけど~。そちらも皆さん読んでくださいねw
価格よりもコインの価値に注目してるのは凄く良い事だと思います!
B:こう言ってはなんですが、マーケットはマーケットが好きなように変動する物なので、私達がそれをコントロールする事は出来ません。私達に出来る事は、コインに利用性を付ける事です。コインが実際に利用出来れば、利用性の無いコインと大きな差をつける事ができ、その結果コインとしての価値が上がりそれにつれて価格も上がる事を期待しています。

Q11.少量保持者のPoSリワードを増やす可能性はありますか?新しいコミュニティメンバーはレインでXPを獲得することが多く、PoSの報酬が少なくてがっかりしている。ペンタノードシステムの導入につき、さらに一般ウォレットの報酬率は下がる予定ですか?大まかな数字でレギュラーノードを含む、各ノードシステムのステイク率は教えてもらえますか?

A.PoSの確率を上げる事については、私達に出来る事はありません。ネットワーク上の利用者が増えれば増える程確率は下がります。なぜならステイクの競争率が上がるからです。しかし長期的に考えて、沢山の人達にXPをステイクからではなく、エコシステムに参加することで獲得してほしいと考えています。 例えば、カフェEMPORIOに行ってXPをもらう、コンサートに行ってレインをもらう、アプリで遊んでXPの報酬をもらうという方法です。みんなフリーコインが欲しいのはわかります。でもPoSの確率を無謀に上げる事で大勢がフリーコインを貰える状況を作ってしまうと、コインとしての価値はなくなってしまいます。 よりよいエコシステムを作ることで、ステイクからではなく、コインを使い、ネットワークに参加する事によりコインが獲得出来るようになります。 大まかなステイク率についてですが、世界的に有名なエコノミスト達と会う予定があります。本当は来週に会う予定だったのですが、ダボスに行くことになったので延期になってしまいました。XPエコシステムのモデルについて、実際にXPが計画している仮説やステイクレートが合理的であるかを話し合います。エコシステム自体が机上の空論ではなく、実社会での実現について確認する予定です。なので、今はまだ正確な数字は教える事が出来ない段階です。

Y:経済学者と会って、エコシステムについてどういう意見が出るかが楽しみですね。
B:これは本当に大事な事なんです。良いアイデアがあるのと、アイデアについて学ぶという事は全く違う事なので、エコシステムを導入する前に、きちんと機能する事を確認するのはとても大事な事になります。私達は、計画がただの良いアイデアで終わらないように注意しながら進めています。

※チャット内より質問
Q.中国のマーケットはどうですか?

A.中国関連ですとYoutubeのインタビューの予定があります。 中国の取引所への上場も計画していますが、各取引所との上場契約の話が進むと同時に秘密保持契約が課されるので、取引所関連事項については詳しくお話出来ません。


Q12. ペンタノードシステムについての延長になりますが、近年投資家の仮想通貨への理解も少しではあるが深まり、CoinGeckoの様な一覧サイトを使って購入する通貨を選定する人々が増えてきました。取引量や時価総額などの指標の他にスコアというものがあり、流動性、開発進捗、SNSの三項目からトータルの評価が下されています。XPは(XPのソースコードが非公開と思われるせいで) 開発進捗が0%であるが、こういった問題をどう捉えているか。またそれに対し対策等は練っていますか?

A.長い質問ですが、肝心な部分はオープンソースに対しての質問かと思います。 これについては2つの答えがあります。 一つ目は、皆さんがコンピューターにインストールするもの(ウォレット等)に関しては全てオープンソースになっています。それがコミュニティにとってとても大事な事だと考えています。 二つ目は、私達が開発したもので、例えばハードウェアを基盤としたノードなど、こちらが開発して提供するハードウェアについてはオープンソースにはならないと思います。 常にGithubにオープンソースとして沢山の新しいソースを公開しています。 CoinGeckoにXPの開発進度をどう評価されているかの詳細は不明ですが、プロジェクトは常に前進しています。


※チャット内より質問
Q.XPを他のゲーム向け通貨と差別化するにはどうすれば良いとおもいますか?

A.XPはゲームだけに特化したトークンではありません。なので、すでに他のゲームトークンと差別化を図れていると思います。例えば他のゲームトークンを使った場合、そのゲームトークンと提携するゲームで遊び、トークンを使う事ができます。でもそれがそのトークンとして出来る事の全てです。XPの場合は、ゲームでも使える、例えばフォレストシージで遊ぶ事が出来ます。そしてゲームで得たXPをカフェで使う事が出来ます。更にカフェで得たXPを他の場面で使う事が出来ます。エコシステムを作っているので、ゲームだけの通貨ではありません。

※フォレストシージは現在メンテナンス中でXPのお支払いに遅延が生じています。

Q13.日本オリジナルのオフィシャルXPグッズを作る事は可能ですか?その場合実店舗も可能だと思いますか?*店舗なら秋葉原、オンラインならアマゾンなど
Q14.XP関連の二次創作物の扱いや制限において共有できる法的情報はありますか?
Q15.メンバー個人のXPの賞金的利用に対してのガイドラインが欲しい。
例えばXPホルダーが個人的にYoutubeでイベントを主催し、自己が保持するXPを景品として利用する場合など。

A.Q13~15については詳細を調べた上できちんとした回答を提供したいと思っています。


Q16-1.日本のXPホルダーの要望やアイデアを伝える時に最適な方法はありますか?

A.公式でXPJPからのリクエストを受け入れやすい環境を作りたいと思っています。現状ではDr.Dがコミュニティからのリクエストの受付係をしてくれています。 コミュニティからの意見はとても重要です。ですが開発チーム、ディレクターチームメンバーに直接連絡を取るよりは、まずモデレーターを通して話をしてもらうと、適切な部署へと話を通すことが出来ます。

※この度Dr.D.さんはXPチームリードに昇進されました!コミュニティからのアイデアはまずモデレーターに相談して頂けると適切な部署へとお話を通すことが出来ますので、開発チームへのDMはお控え下さい。

Q16-2.効率よくコミュニケーションを取れるように公式な連絡方法を作れますか?

A.より良いコミュニケーションに私達も力を入れています。例えば私が今日ここで皆さんと話しているように、日本のコミュニティーで情報をシェア出来る機会をこれからも作って行きたいと思っています。

B:次のインタビューの時間が迫ってきているので、最後の質問に回答していきたいと思います。
Y:この後韓国のインタビューがあるんですよね?忙しいですね!
B:そうです。それにダボスの件で飛行機やホテルを取ったりして、今日は忙しい一日です!ダボスに行くのがとても楽しみです。

Q17.日本への来訪をしたことがありますか?日本についてどう思いましたか?

A.日本にはまだ行ったことがないので、今年中に行ける事をとっても楽しみにしています。

Y:日本には来られた事がなかったんですね~。とっても楽しい体験になると思いますよ!
B:そうですね、とても楽しみです。私は背も高くて体も大きいので日本への旅は面白い事になりそうだと思ってます。
Y:そうですね~日本は色々小さいかもしれないですね!w
B:タイに住んでいて、こちらでも色々な場面でサイズの小ささに慣れてはいるのですが、日本に行った友達からシャワーヘッドが胸元にしかとどかなかった~!など楽しい話を聞いているので、色々楽しみです。

Q18.日本で行きたい場所または体験してみたい事はありますか?

A.自然が大好きなので是非桜祭りに行ってみたいです。日本で言う所のわびさびと言いますか、不完全な美に魅力を感じます。散り桜はまさにその象徴のようだと思っています。

Y:桜が見たいなら3月の中旬に来ないとですね!
B:今年の3月は難しそうです…。3月は家族に会いにアメリカに帰る予定なんです。

Q19.今一番力を入れているプロジェクトに関して軽く紹介してほしいです。

A.今一番力を入れているのは今後の開発プランをまとめる事です。プランが無い暗号通貨のプロジェクトを沢山見てきました。沢山の人が色々な事に取り組んでいるのに連結が取れないと、プロジェクト自体が混乱してしまうのです。目標やゴールへ向けて、XPではスタッフ間でのより良いコミュニケーションを図り、よりスムーズに開発を進められるよう努力しています。

B:ヤマハさん何を言ってるんでしょう?人参、割れたハート、う〇こ絵文字と色々リアクションついてるけど??
Y:わびさびや桜の話してた所で、誰かが夜桜が綺麗ってコメントして、ヤマハさんがそれに対して、君の方が綺麗だぜ。って言ってたみたいですw
B:他に送ってもらった質問について答える時間が今日はありませんが、後日筆記で答えてコミュニティで共有して貰いたいと思います。

Y:今日は寄せられた質問の中でも特に気になる物を選んだので、この質問についてお話が出来て良かったです。
B:もちろんです。今日ここに来て皆さんとお話出来てとても嬉しかったです。
クリプトロイヤリティーの投票参加、有難うございます。ダボスでとっても可愛いXPちゃんのバッジを配る予定なので、XPの良い宣伝になると思ってます。今日は本当にありがとう。又の機会を楽しみにしています。
Y:今日は本当に有難うございました!韓国コミュニティーでのインタビュー頑張って下さい。又ここでお話出来る機会を楽しみに待っています!
B:みんなありがとう。又近いうちにお話ししましょう!


※ここでDr.D.さんが登場
D:翻訳してくれたYami感謝~!
Y:あ、Dさんがまだいました~!参加してくれてありがとう~。
D:もちろんだよー!全部聞いてたよ。
水道局:この放送はXP水道局が応援しています。
D:おっ!ラジオ案内が入ったwあれ?それとも誰か話してるの??w
Y:XP水道局が話してますw
D:とてもいいインタビューだったね、僕自身も気になってた事が質問に出てきたので、答えを知れる良い機会になったよ。BitBenderが凄く良いインタビューをしてくれて嬉しいよ。僕もこの後の韓国インタビューに参加してくる予定だよ。
さっき話していたXPチームとのコミュニケーションの取り方についてだけど、みんないつでも僕にDM送って下さい。その上で僕が適切な人へメッセージを伝えます。
Y:これからいっぱいDM来ちゃいますねw
D:大丈夫だよ~。沢山きてもちゃんとチェックして返信してます!日本語はわからないので、グーグル翻訳などを使ってDMくれたらちゃんと返答しますよ。
チャットルームにも引き続き参加していきたいと思ってます。4つもあるので、ちょっと混乱してますが、全部のチャットルームに参加してみたいと思ってます。
Y:参加者が増えたので、チャットルームも増やしたんですよ。Chat1はXP全般、Chat2はWayo、Chat3はほのぼの、Chat4は暗号通貨全般みたいな感じになってるんで、色々な部屋でお話してみてください~!
D:出来る限り全部のチャットルームでみんなと話す機会を作っていくよ!僕のタイムゾーン(東ヨーロッパ)の関係もあって、今後はTwitterで情報発信していくことが多くなると思います。Twitter苦手なんですが(笑) これからもみんなと色々情報交換していきたいと思っています。今日はみんなありがとう~!又後で!



以上です、ありがとうございました。